So-net無料ブログ作成
検索選択

遺伝的な影響 [不安障害の原因]



不安障害と遺伝の関連性についてです。



不安障害のある人の脳は、普通の人の場合に不安や恐怖と
感じない状況を、不安や恐怖と感じ取ります。



不安障害を持つ人の脳は、ある程度の不安要素があることは
確かだが、普通の人はそれを不安や恐怖と感じない程度の
曖昧な状況を、確実な不安や恐怖と認識して過剰反応するのです。



不安障害の発作を引き起こす原因となるものは他にもあります。



そのひとつは遺伝的な影響です。



不安障害を持つ人の家系を調べると、同じ家系の中に
不安障害うつ病アルコール中毒などの患者がいる確率は、
一般の家系よりもはるかに高いという結果が出ています。




うつ病やアルコール中毒なども、心理的な不安や恐怖など
内面的なものがその根底にあって発症します。



もともと不安障害に罹りやすい体質を持つ人が、その周辺の環境など
によって、何かのきっかけで不安障害になったり、うつ病になったり
アルコール中毒になったりしますが、根っ子の部分は
全部同じ遺伝子です。



もちろん不安障害と遺伝の関係はまだはっきりと
解明されたわけではありません。



従って、現状はまだ仮説の段階ですが、不安障害の患者がいる
家系には、他にも同類の患者がいる確率が、他の家系よりも
高い事実は否定出来ません。



⇒【パニック障害の原因】









nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

トラックバック 0

パニック障害を改善・克服【パニック症候群の治療法】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。