So-net無料ブログ作成
検索選択

パニック障害とうつについて [うつ(うつ病)について]


パニック障害患者がうつになることがあるというお話は
このブログでもさせていただきました。

⇒うつ病(二次的うつ)について



パニック障害を患う方が、うつ病を併発するという場合ですが、
特徴的なのは、常に気持ちが沈んでしまい、くよくよして
落ち込んだ状態が続くことです。



パニック障害だけでもイヤなのに、うつ病まで併発するのは
とても辛いものがあります。


本人は勿論ですが、家族をはじめまわりの人もどう対応して
いいのかわからなくなるでしょう。


パニック障害とうつは、表裏一体と言われているように、
投薬治療においてもパニック障害に抗うつ剤が使われる
ことでもおわかりいただけると思います。


病気の順番は、パニック障害からうつ病へという場合が多い
のですが、稀にうつ病を先に発症してパニック障害を発症する
と言う場合もあるそうです。


パニック障害からどうして「うつ病」になってしまうのか
ということですが、パニック障害の代表的な症状のひとつに
「パニック発作」がありますね。


パニック発作を一度おこして、その後パニック発作の回数が
増えてくると、次に起きる発作に対して不安になります。


これが予期不安といわれる症状です。

⇒パニック障害の予期不安・不安発作



またあの苦しい発作が起きるのではないだろうか?



という意識が常に頭から離れなくなり、発作を起こした場所や
乗り物などに対して強烈な恐怖を感じるようになり「広場恐怖」
を引き起こします。

⇒パニック障害の広場恐怖



そして、広場恐怖がひどくなるにつれ、外出をすることが
できなくなり、仕事や学校へも行けなくなります。



こうなると通常の社会生活ができませんので、いわゆる
「引きこもり」の状態になります。


この「引きこもり」から抑うつ状態がひどくなり、どんどん
自信を失って本当の「うつ病」を発症することになります。



このように、いったんうつの症状が出てしまうと、患者さん本人が
辛いばかりか、治療にも時間が長くかかってしまいます。



ですからうつ症状が出る前に、なるべく早くパニック障害の治療を
始める必要があるのです。


⇒うつを改善・克服【うつ病の治療法】









nice!(0)  トラックバック(6) 
共通テーマ:健康

nice! 0

トラックバック 6

パニック障害を改善・克服【パニック症候群の治療法】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。