So-net無料ブログ作成

予期不安・広場恐怖に有効な認知行動治療 [メンタル日記]


パニック障害の治療で大切なことは、
パニック発作を怖がらないようにすることです。


いつ発作が起こるのではないかと心配しすぎたり、
発作が起こった時に慌てたりすると状態は悪くなって
しまいますから、まず落ち着くことが大切です。


とはいっても、それができないからパニック障害は
病気なわけですが、心(心理的)な要素というのは
パニック障害患者にとってとても意味があります。


例えばパニック障害の治療において、認知行動治療や
支持治療などの心理療法は大変有効だといわれています。


認知行動治療は、認知治療と行動治療を組み合わせた
心理療法で、患者さんが避けている場所に出向いたり、
避けている状況を試したりして少しずつ成功体験を
積み重ねていくもので(エキスポージャー療法)
医師の指導の下行います。



【認知行動治療の利点】

1,治療期間が比較的短時間である

2,治療率が高い

3,再発率が他の治療法に比べて低い

4,病気がよく理解でき、治療への積極的な取り組みが生まれる


認知行動療法の目的は、患者さんをとりまく生活状況と
身体感覚がパニック発作とどのように関連しているかを学び、
発作をセルフ・コントロールすることができるようにすることです。


認知行動治療は有効性が証明されていますが、わが国での普及は
まだ十分とは言えず、今後の普及が望まれている治療法です。


⇒認知行動療法とは?









nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

トラックバック 0

パニック障害を改善・克服【パニック症候群の治療法】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。