So-net無料ブログ作成
【併発の恐れがある病気】 ブログトップ

パニック症候群と併発する恐れのある病気 [【併発の恐れがある病気】]


パニック症候群は長期にわたって時には何年も続くことがあり、
長引けば長引くほど事態は常態化し治療が困難になって行き
ます。


家の外へ出ることや他人と関わることへの恐怖、自殺願望、金銭的な
問題、薬物乱用にさえ陥る場合もあり、時には心臓病を引き起こす
のではないかという恐怖に駆られ絶望的にさえなります。


現実には不安発作やパニック発作が心臓病を併発することは無いの
ですが、発作が起きて動悸が激しくなると、このまま心臓が停止し
て死に至るのではないかとさえ思えてきます。

不安発作やパニック発作は本人にとってはそれほどの恐怖なのです。


また、パニック症候群は予期せぬ病気を併発することがあります。


以下の併発しやすい病気や症状は、併発する原因がわかっていない
というものも多く、実際に関連性を証明できていないものもあります。


ただ、言えるのは、パニック症候群と診断された方々が統計として
以下の病気や症状を、実際に併発した率が高いことです。


これらの病気や症状を併発させないためには、とにかく早い対処が
求められます。


以下、パニック障害と併発しやすい病気・症状について
まとめてみました。


それぞれの症状について、参考になれば幸いです。



⇒不整脈・過換気症候群

⇒糖尿病

⇒うつ病(二次的うつ)

⇒二重人格(分裂症)

⇒解離性障害

⇒恐怖症

⇒統合失調症











nice!(0)  トラックバック(1) 
【併発の恐れがある病気】 ブログトップ
パニック障害を改善・克服【パニック症候群の治療法】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。