So-net無料ブログ作成
検索選択
【パニック障害の治療法】 ブログトップ

パニック障害を改善するためには? [【パニック障害の治療法】]

パニック障害の治療法についてですが、不安障害不安発作などの
症状が疑われる場合は、すぐに病院に行って医師に相談することです。


相談をするのは精神科、神経科、心療内科、又は最近はちょっとオ
シャレにメンタルクリニックなどの専門医です。


不安障害は動悸が激しくなったり冷や汗をかいたり息苦しくなるな
どの症状が現れるので、最初は何かの内臓疾患だと思って内科の外
来として診察を受ける方が大勢います。


不安障害と同じ様な発作が現れる病気もありますのでそれはそれで
構わないのですが、ただ内科で治療を受けても発作が治らない様な
ら、今治療を受けている内科の先生に申し出て一度精神科の診察も
受けた方が良いでしょう。


精神科で専門医の診察を受けた結果不安障害/不安発作と診断され
たら、治療にはメンタルヘルス専門家の助けが必要です。


メンタルヘルスは日本語に直せば「心の健康」という意味ですが、
日本の場合メンタルヘルス活動は精神衛生活動として、主に企業な
どの職場における社員の健康管理活動の一環として行なわれて来ま
した。


その為、現在でもメンタルヘルス専門家の多くは企業などからの委
託を受けて職場での精神疾患患者の早期発見、カウンセリング、治
療のアドバイス、職場復帰の支援などに従事しています。


メンタルヘルスの専門家と言われるのは心理学者、精神科医、臨床心理
士、精神保健福祉士などの資格を持ち、実務経験を積んだ人達です。


個人でカウンセリングやアドバイスを受ける場合は通院している病
院の他、最近はインターネットを通じてカウンセリングを受けてい
る専門家もいます。


パニック障害の具体的な治療法としては、投薬療法心理療法
一般的ですが、どちらかの治療法だけというより、両方の治療法を
併用して行われることがほとんどです。


また、症状によって減感作療法自律訓練法などの心理療法を
取り入れる場合もあります。


パニック障害の治療は、自分一人でできるものではなく、家族や
まわりの協力も必要になります。


患者本人が、自宅でもリラックスできる環境をできるかぎり
つくってあげることも、改善を早めるポイントです。


そして、病状に応じて医師やカウンセラーと相談しながら、
最終的には投薬をしなくても生活できるレベルになることを
目指します。


何度も言いますが、パニック障害は対処が早ければ早いほど
治るまでの期間が短くなります。


逆に、放っておく期間が長い場合には、併発する病気や症状をも
同時に治療することとなり、完治が難しくなるのは当然ですが、
とても長い期間苦しむことにもなりかねません。


「おかしいな」と思った場合には、躊躇せずに即、専門家に相談
することがパニック障害克服への近道です。


⇒【薬物療法】投薬治療

⇒【心理療法】

⇒【減感作療法】

⇒【自律訓練法】

⇒【丹田呼吸法】

⇒【リラクゼーション】










nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
【パニック障害の治療法】 ブログトップ
パニック障害を改善・克服【パニック症候群の治療法】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。