So-net無料ブログ作成
検索選択
対人恐怖 ブログトップ

パニック障害の対人恐怖について [対人恐怖]


パニック障害の症状の一つでもある「対人恐怖」とは、
いったいどういうものなのでしょうか?



対人という名がつくことでもわかると思いますが、
対人関係に関する症状です。



人と接すること自体に恐怖を感じるのが特徴で、
「人と接するのが怖い」という意識が働くことによって
「動悸が激しくなる」とか「めまいを感じる」という
症状が現れます。



場合によっては、「息が苦しい」「震えや寒気」「吐き気」
といったパニック発作に近い症状が出ることもあります。



大勢の人の前で話したり、入社テストの面接を受けたりする場合、
心臓がドキドキしたり喉が渇いたり手足が震える様なことは
誰もが経験することで、それは何も問題はありません。



しかしそれが度を越して人と合うのが怖くて学校や会社にも行けな
い、それどころか外出するのも怖い ということになればこれは
「対人恐怖」と呼ばれる立派なパニック障害の症状です。



この対人恐怖は結構その予備軍が多く、だいたい10 人に1 人程度
の予備軍がいると言われています。



特に20 代~30 代位の若い女性にその傾向が強く、女性の場合は男
性の約2 倍の予備軍がいるそうです。



もちろん、そのほとんどは単に人前で話すのが苦手で結婚式の
スピーチを頼まれるだけで寝られなくなったり、初対面の人と
話をすると顔が赤くなるなどの一般的な症状だけで終わります。



対人恐怖が高じていわゆる「引きこもり」になる様な人は神経質
でもともと小さな失敗などに何時までもこだわったり、子供の時から
怖がりで不安感を持ちやすいなどの特徴が見られます。



又、子供の頃に人見知りが強い子供だった人も、成長して対人恐怖
になる人が多いと言われています。



パニック障害の方全般にも言えますが「対人恐怖」になる方には
「完全主義者」が多く、真面目で勉強も仕事も出来る人が多い
のが特徴です。



完璧主義者ですから、自分のちょっとしたミスも許せず、
何事も完全にこなさなければ満足しないタイプが「対人恐怖」
であり「パニック障害」にもなりやすいのです。


対人恐怖は、人と接することに対する拒絶反応、不安症状
の一種です。



ありがとうございました。













nice!(0)  トラックバック(0) 
対人恐怖 ブログトップ
パニック障害を改善・克服【パニック症候群の治療法】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。