So-net無料ブログ作成
心的外傷後ストレス障害 ブログトップ

心的外傷後ストレス障害(PTSD)について [心的外傷後ストレス障害]


心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、過去における
忘れがたいような悲惨な体験や身体に加えられた危害や
恐怖、またはそれを思い出させるものに苛まれ苦しめ
られる病気です。


心的外傷後ストレス障害には、大きく分けるとふたつの
タイプに分かれます。


ひとつめは、災害や戦争、事故、犯罪など単一の強いストレス
を受けた後に発症するものです。


もうひとつは、長い期間に渡り反覆して受けたストレス
により発症するタイプです。


ただ後者の場合は症状が複雑で人格障害記憶喪失
多重人格などと重なって現れることもあり非常に複雑
ですので、一般的に心的外傷後ストレス障害(PTSD)
という場合は、前者の単一の強いストレスを受けた後に
発症するタイプのものを言います。


日本では阪神・淡路大震災の後、多くの被災者にこの
心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状が多数確認
されています。


最近では、東日本大震災がありましたが、災害の
規模から言っても阪神・淡路大震災を大きく上回って
いることから、潜在的な心的外傷後ストレス障害の
患者さんは、多いと推測されます。


その他にも、古くは地下鉄サリン事件の被害者や、比較的
新しいところでは、JR西日本の福知山線脱線事故の被害者
にも心的外傷後ストレス障害(PTSD)で今でも苦しむ方が
多数いらっしゃいます。


また、戦争で兵役を経験した人には、よく起こる症状で、
今までの様々な戦争によって心的外傷後ストレス障害で
苦しむ方が多いことは、世界中で検証されています。


その他としては、レイプ誘拐、虐待、事故や犯罪に
巻き込まれた被害者などは、心的外傷後ストレス障害
の症状が、顕著に表れることが多いという報告が
あります。


心的外傷後ストレス障害の人は過度の驚愕反応があり、
同時に身近な人への同情心が失われます。


自分の身の周りのことへの興味も湧かなくなったり、
人に愛情や興味を示さなくなったりして、次第に攻撃的
になって行きます。



特に子供の時の虐待やイジメ等の原因がもとで、PTSD
心的外傷後ストレス障害になった人には、感情の起伏が
激しく、突然キレやすい人が多く見られます。




心的外傷後ストレス障害の代表的な症状は大きく分けて
以下の3つに分けられます。



「再体験症状」
心的外傷後ストレス障害では、最も多いタイプで、過去に
大きなダメージを受けたことが、音や匂い、光景などの
きっかけで蘇ってくる症状です。フラッシュバック現象
が、代表的な症状です。


「過覚醒症状」
事件などの後、常に不安に襲われ平常心になれない
状態が続き、夜眠れないなどの症状が現れます。


「回避症状」
トラウマとなった過去の出来事や、それにつながるものを
乗り越えようとしないで、当面はとりあえずそれを意識
の中から遮断してしまおうとする症状です。









nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康
心的外傷後ストレス障害 ブログトップ
パニック障害を改善・克服【パニック症候群の治療法】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。