So-net無料ブログ作成
検索選択
恐怖症 ブログトップ

恐怖症の併発について [恐怖症]


パニック障害と併発することが多い恐怖症についてです。



【恐怖症】

不安障害やパニック障害の適切な治療をしないと、「恐怖症」
を併発することもあります。



恐怖症はもともと不安障害の中にあるひとつの障害ですが、
この恐怖症が特定の場面や状況下でより強く現れる様になります。



例えば暗い夜道などは歩けなくなる「暗所恐怖症」や、
女性の場合だと男性の近くにいるのが耐えられない「男性恐怖症」
狭い所が我慢出来ない「閉所恐怖症」、高い所には昇れない
「高所恐怖症」などになります。



この様な恐怖症になるとある特定の場面や状況下で突然
パニック状態になり本人にはコントロール不能になりますので、
日常生活やビジネスにも悪い影響が出て来ます。



恐怖症は適切に治療されないと、不安が増幅して症状は
悪化するばかりです。



当然日常生活にも影響が出ます。



パニック障害の、代表的症状である「対人恐怖」「広場恐怖」
恐怖症の一種ですが、それだけでなくあらゆる場面が、恐怖と化す
ので、とても危険な症状と言えます。



重篤化しないうちに、やはり早期治療が必要です。







nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康
恐怖症 ブログトップ
パニック障害を改善・克服【パニック症候群の治療法】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。