So-net無料ブログ作成
検索選択
統合失調症 ブログトップ

統合失調症の併発について [統合失調症]


パニック障害と併発することが多い統合失調症についてです。



【統合失調症】

不安障害やパニック障害から「統合失調症」を併発することが
あります。


統合失調症の典型的な症状は「妄想」です。


実は統合失調症の原因自体、まだはっきりしていません。


脳の中で、情報を伝える物質のバランスが崩れることが
関係しているのでは?と言われています。


また、大きなストレスがかかることなども関係あり、さまざまな
要因が関与していると考えられています。


聞こえるはずの無い声が聞こえる・・・

見えるはずの無い姿が見える・・・


統合失調症になった人にしかわからない恐怖や苦しみです。


また、自分の言動を注意する声が聞えたり自分の思考が
声になって聞えて来るような錯覚に陥り、ありもしない妄想に
真剣に悩まされます。



最悪の場合「死ね」という声に押されて、自殺を企てる様な
深刻な状態になることさえもあります。


この統合失調症は二重人格(分裂症)と同一の病気と考えられる
場合もありますが、一般的には同じ系統であっても別の病気と
考えます。



不安障害やパニック障害から併発されることもありますが、
逆に元々この総合失調症のあった人が不安障害やパニック障害を
併発することもあります。









nice!(0)  トラックバック(9) 
共通テーマ:健康
統合失調症 ブログトップ
パニック障害を改善・克服【パニック症候群の治療法】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。