So-net無料ブログ作成
検索選択
減感作療法 ブログトップ

パニック障害の治療法【減感作療法】 [減感作療法]


減感作療法とは、アレルギー疾患(アトピーや花粉)でも
その原因となる抗体をとりいれることで根本改善法として
使われているものですが、投与(注入)で行うもののほかに
日常における指導というのはあえて、その症状に似た状態をつくり


「その状態に慣れる」

体を作るということに重点を置きます。


減感作療法の方は、それが有効であることが、科学的にも
立証されており、またその効果は、免疫に寛容を誘導すること
により発揮されているというメカニズムも解明されています。

ようするに

「こうなると発作が起きる」


というのであれば

「発作が起きても、こうすれば大丈夫」
「発作が起きたら、あわてず慣れていけるような指導をする」

ということです。



ほかで似ている方法では、森田療法、ホメオパシー ( homeopathy )
「 同種療法、同毒療法、同病療法 」と訳されるものがあり、
森田療法は、「あるがまま」、不安や症状を排除するはからいをやめ、
そのままにしておく態度を養うという方法がメインです。


不安を抱えながらも生活の中で、必要な事(なすべきこと)から
行動し、前向きに生きるという事を教え、実践させる治療方法が
森田療法です。



ホメオパシーはホリスティック医療に分類される療法のひとつです。



こちらは、日本においては正式な医療行為と認められておらず、
代替医療の一つでしかありませんが、イギリス、ドイツ、フランス
においては健康保険の適用が認められています。



ホメオパシーでは、「 少量の毒によって健康を増進する 」 という
考え方がとられ、アレルギー治療における減感作療法と類似したもの
と捉えられることもありますが、そもそも与えている物質が
アレルゲンのように症状の原因ではないという点で減感作療法と
は異なるとされている部分も多いものです。


それに加え、精神科では投薬治療を併用します。










nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
減感作療法 ブログトップ
パニック障害を改善・克服【パニック症候群の治療法】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。