So-net無料ブログ作成
不安障害の症状 ブログトップ

不安障害は発作が起きる場合が多い [不安障害の症状]



不安障害の具体的症状としては、心臓の動悸が急に早まったり
汗が噴出して来たり、体が急に震え出して止まらなくなる
などの症状があります。



この発作は初めて発作が起きた場所に行くと再び起きる
ということがよくあります。



同じ場所に行くと当時のことを思い出してまず気分が悪くなり、
それが発作の引き金になって症状が現れます。



この様なことが幾度か続くと次第に恐怖のサイクルが出来あがり、
又いつ発作が起きるのかとますます不安になります。
⇒予期不安



この不安障害の発作が起きる原因は、全てはその人の心の中にあります。



発作が起きるのではないかと何時も恐れていると、
本当に起きるのです。



ただ発作を経験した人はこの事実を人に話したがりません。



話しても周りは耳を貸してくれないだろうと考え、
何とか自分の力で克服しようと考えています。



それに自分が精神的に弱点を持っているということを
人に知られることは、決して自分にとってプラスにはならない
という打算も働きます。



確かに普通の身体的な病気ならば、人間の体にある自然治癒力で
放っておいても何時の間にか治っていることはよくあります。



しかし不安障害のような心の病に対しても人間が自然治癒力を
持っているかと言えば、それはあるとも無いとも言えませんが、
ただ不安障害が自然に治ったという事例はあまり聞きません。



むしろ専門医による治療をしないままに放置して、ますます症状が
悪化した事例の方が多く聞きます。



不安や恐怖は脳から来るものですが、脳にはその気持ちを引き出し
やすい領域が少なくとも2つあることが研究で分かっています。



そしてこの領域に対する防衛のメカニズムが形成されることで、
体や心がこれに反応するのです。



⇒【パニック障害の症状】









nice!(0)  トラックバック(0) 
不安障害の症状 ブログトップ
パニック障害を改善・克服【パニック症候群の治療法】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。